良質な眠りをとるにはいびきを防止しよう|治療でも改善できる

男の人

睡眠を妨げる

眠る女性

骨格や生活習慣

寝ている時に自分では気づかないけれど、いびきをかいていると指摘されたことがありませんか。男性は24%、女性でも10%の人がいびきをかいていると言われています。その原因としては骨格的なもので舌が大きかったり、首が太くて下顎が小さいなどの特徴がある人は注意しましょう。そして、大人になり乱れた生活習慣が原因で起こることもあり、肥満の人は首周りの贅肉が気道を圧迫してしまうことで、いびきをかくとも言われています。また、口呼吸や仰向けに寝る人、ストレスやお酒を飲む習慣がある人もかきやすいようです。症状が酷い場合には「睡眠時無呼吸症候群」という、寝ている間に何度も呼吸が止まってしまう症状が出てしまいます。そのため、睡眠外来がある病院に行き検査を受けて適切な治療を受けましょう。

予防法に改善法

まず自分の生活習慣を見直すことがいびきや体の健康の為に重要です。肥満の人はダイエットをして体重を落とすことで首周りがスッキリし、気道を広げることでいびきがかきづらくなるでしょう。お酒を飲むと気道を支える筋肉がアルコールにより緩んでしまい、気道が狭くなってしまいます。そのため、寝る前にはお酒を控えましょう。寝るときの姿勢も横向きか抱き枕を使用するのがよく、下顎が小さい人はマウスピースをはめるといいでしょう。その他には鼻炎持ちの人も寝るときに口呼吸になってしまい、いびきをかいてしまうので耳鼻咽喉科に行き鼻炎を治しましょう。男性では30代から60代で、女性では閉経後にホルモンバランスが崩れるといびきをかきやすくなるので生活習慣を見直しましょう。

健康は睡眠から

横になる女性

肩こりや腰痛に悩んでいるのなら、ベットの上のマットレスをモットンに替えてみましょう。体への負担がかかりにくい素材が用いられているため、快適に睡眠が取れると言われています。

寝心地の良い寝具を選ぶ

ベッド

高反発マットレスは寝ているときにも自然な姿勢を保つことができ、寝心地が良いだけでなく腰への負担を軽くするとして人気があります。購入するなら体重に合わせて反発力を選び、耐久性や通気性に注意することも大切です。

足の冷えを改善するために

手

足先は冷えが発生しやすい部位であり、就寝前には足先の冷えが原因で寝つけないという人もいます。足先で下半身の血液循環状態が分かるので、冷えている場合は温活をして温めると良いです。レッグウォーマーなどのアイテムを活用して足の冷えを改善することで、下半身の血流改善や睡眠の質向上を図ることができます。